アレルギー体質の夫に合わせて、クローゼットの扉を土佐和紙張りにしています。ざらっとした風合いも面白い!

 

和紙は種類が豊富!

クローゼットの扉は、土佐和紙で包んでいます。桧チップや竹皮、笹などを漉き込んだものがあり、自然素材の風合いを楽しめます。

 

硬いものが当たると破けてしまうし、汚れを落としにくく、日に焼けるなどマイナス面もありますが、傷んだら貼り替えられます。

 

和紙は色や柄も豊富なので、貼り替えるときには色や柄が面白い和紙にしてみようかな。

 

 

 

関連記事

家のパーツ

2016.05.30

本棚を階段の手摺に

階段の脇にある本棚に、手摺板を1枚ずつ留めました。手摺板は水平なので、体重...

家のパーツ

2016.07.10

西日を遮るサンシェード

我が家は西の公園の緑を満喫するために、西向きが全面の窓。真夏はサンシェード...

家のパーツ

2016.06.25

板塀は庭の名脇役!

庭の景色が引き立つように、隣家との見合いも防げるように、板塀をたてました。...