明日、建て主様と設計監理の契約を結びます。そこで、契約書について簡単にご紹介しようと思います。

 

keiyakusyoissiki

契約書の内容

OZONEのコンペを通して建築設計・監理をご依頼いただいた建て主様と、明日契約を結びます。通常は四会連合協定の契約書を用いていますが、今回はOZONEの契約書を用います。

 

いずれの契約書でも、建物の建築地・用途・構造・規模、業務内容と期間、設計料と支払時期などを明記します。

 

そのため契約よりも前に設計案を1つ作成して、敷地の条件・ご予算・ご要望の内容と合わせると、ごれ位の規模の家になりそうか、建て主様とご一緒に検討するようにしています。設計料は、その坪数×8万円を目安にしています。

 

左の写真は、四会連合協定の契約書類一式。約款や業務一覧など、種類や枚数がとても多いです。一戸建ての住宅で実際に必要な内容を抜粋すると、A3用紙表裏位の分量となります。

 

契約を結んだら、いよいよ本格的なスタートです!

 

関連記事

設計の過程

2017.02.21

ショールーム巡り

建主さんと、水廻りのメーカーのショールームを巡りました。見るのは楽しいけれ...

設計の過程

2017.05.25

実施設計では何をするの?

実施設計では、A2サイズで20枚位の図面を描きます。細部についてのご相談と...

設計の過程

2017.06.26

工務店の見積書をチェック

工務店の見積書は50ページを超える厚さ!建主さんへお渡しする前に、内容をチ...