自然を生かした建築と路上観察、というテーマ。水戸芸術館で開催されていました。

 

fujimoriidoutyasitu

造形も仕上げもとにかく楽しい!

初めて藤森さんの設計した建物を雑誌で拝見したときには、衝撃でした。その後、いくつか実物を訪れる機会がありましたが、いつもつい顔がほころんでしまいます。なぜこんなに楽しい建築を思いつくのでしょう!

 

今回の展覧会では、写真やスケッチのほか、模型や実物大の展示もありました。写真は可動の茶室。中の床も銅板張りで、質感や光の具合が素敵でした。

 

fujimorisanpuru

サンプルや詳細図も展示

素材は、銅板を波打たせたり、縄入りの土を荒く塗ったり、草をはやしたり。雨は漏らないの?どうやって留めているの?メンテナンスはどうするの?と気になっていましたが、下地づくりも見られるサンプルや詳細図まで展示されていました。ありがとうございます!

 

普通でないことをするときは、100倍考えなくてはいけないんだと、以前大工さんに言われたっけ。さすが藤森様、たくさんの検討を重ねて、新しいことにチャレンジされているのですね。

 

訪れた日は、磯崎新氏との対談も聞くことができました。それぞれの大切にされていることが少しわかった気がして、有意義な1日でした。誘ってくれたMちゃん、感謝!

関連記事

建築とイベント

2016.10.05

竣工10年目の家を訪問!

建て主さんから声をかけていただき、10年前に竣工した家を訪問しました。&n...

建築とイベント

2017.10.08

三渓園の名建築

染織作家の友人の作品を見に、三渓園を訪れました。日本庭園の中に重要文化財の...

建築とイベント

2016.08.30

家のあり方を考える展覧会

HOUSE VISION という展覧会へ行ってきました。12棟の展示ハウス...