ナラやカバなど広葉樹、パインや桧など針葉樹、それぞれの特徴をご紹介します。

 

広葉樹のフローリング

淡い色ならカバ・ブナ・カエデ、中位の色ならナラ・タモ・クリ、濃い色ならチーク・ウォールナットなど。

 

硬いので傷つきにくく、足触りはひんやりしています。裸足で過ごすなら、床暖房や床下を暖める設備と組み合わせると、気持ち良いです。

 

 

手頃な価格帯の無垢板は幅が75mm~90mmなど狭めで、1枚当たりの長さは短め。節がほとんどなく、色柄が大人しいものが多いので、さっぱりとしたデザインを好きな方に選ばれることが多いです。

 

写真の床はカバ。色も木目も淡く、明るく爽やかです。壁と天井を淡いグレーにして、少し落ち着いた雰囲気にしています。

 

 

針葉樹のフローリング

桧、杉、ヒバ、唐松、赤松など。

柔らかく傷つきやすいので、傷も味わいと感じる方向けです。

 

その代り、足腰への負担が少なく、足触りが温かいので、小さいお子さんや高齢のご家族に、優しい床になると思います。

 

幅は広めで、1枚当たりの長さは長め。節のないものは高価なので、節有りもよく使われます。木目もはっきりしたものが多いので、木の印象が強いデザインを好きな方に選ばれることが多いです。

 

写真の床は、1階が節少なめ(上小節)の唐松、2階が節有りの赤松(通称パイン)です。

 

同じ種類の木でも、節の量によって、かなり印象が変わります。

 

関連記事

家のパーツ

2016.06.20

鉄の手摺と鍛鉄の手摺

鉄の手摺はすっきりとした印象、鍛鉄(ロートアイアン)の手摺は味わい深い印象...

家のパーツ

2019.02.02

憧れの薪ストーブ

薪ストーブが大好きな建て主さん。生活の中心に、薪ストーブを据えましょう! ...

家のパーツ

2016.09.05

クローゼットの扉を土佐和紙に

アレルギー体質の夫に合わせて、クローゼットの扉を土佐和紙張りにしています。...