木の建築賞の3次選考に合わせて、名建築を見てきました。

 

甲子園会館

フランクロイドライトの弟子、遠藤新氏の設計。ホテルとして建てられ、現在は武庫川女子大学の施設となっています。

 

主な仕上げ材は、2種類のタイルと縁を水滴の形に掘った石なのですが、造形が素晴らしくてとても複雑に見えます。

 

屋内も同じタイルと石を使っているのですが、外の目地は深く荒く、中の目地は浅く繊細に、仕上げられています。

 

タイルも屋根の瓦も、1枚ずつ色が微妙に異なるのも魅力。瓦は現在学生さんが授業の一環で作り、傷んだものから順に取り換えているそうです。素敵な授業ですね!

 

内部の暖炉も1つずつ形が異なり、目を楽しませてくれます。

 

ホテルのバーだったこの部屋の床は、泰山タイル。色サンプルのタイルや、裏返しのタイルもあり、見飽きません。

 

暖炉の奥の床に、タイルで描かれた1930。竣工の銘板代わりだそうです。粋ですね!

 

 

竹中大工道具館

プロポーションも、細部の納まりも、素材感も、全て行き届いた素晴らしい建物で、カッコイイ~カッコイイ~と、小声でつぶやきながら見て回りました。

 

写真は展示の火灯窓。左官の壁と漆塗りの縁と障子の組み合わせが、何とも言えません。

 

茶室の展示もありました。壁の下地の小舞竹や貫を現わした状態。塗りこめてしまうのがもったいないほど、素敵な表情でした。

 

小さな空間ですが、細やかな工夫が散りばめられていて、脱帽!

関連記事

建築とイベント

2016.07.05

岩立フォークテキスタイルミュージアム

テキスタイルの展覧会へ行ってきました。愛情がこめられた手仕事に、心打たれま...

建築とイベント

2016.10.20

応急危険度判定員

講習を受けて、東京都のボランティア登録をしました。 応急危険度判...

建築とイベント

2016.10.31

瀬戸内国際芸術祭

素晴らしい建築とアートに出会えて、たくさんの刺激をもらいました! ...