薪ストーブが大好きな建て主さん。生活の中心に、薪ストーブを据えましょう!

 

炎を楽しみたい!

東京近郊で断熱気密に配慮した家なら、冷暖房はエアコン1台でも間に合います。薪ストーブそのものは手頃なお値段のものもあるのですが、煙突を含めた工事総額は、床暖房よりもだいぶ高額に。

 

それでも薪ストーブを入れたい!という建て主さんの思いを伺うと「炎のある生活を楽しみたい」と。薪のはぜる音や鋳鉄の扉の触感、ストーブ料理の香り。1人でゆったりと過ごすときも、家族や友人と集うときも、炎のそばは心地よいと。

 

 

薪ストーブを選ぶ

国産品か輸入品か、鉄製か鋳鉄製か、薪専用かペレット併用か、小型か大型か・・・。薪ストーブにはたくさんの種類があります。写真は、ペレット併用の国産品。ロボットみたいな形に、建て主さんが一目ぼれ。

 

ストーブまわりのインテリアをどうするかも、ストーブの印象を左右します。レンガや石で囲むイメージがありますが、周囲の壁は法律に則って2重にすれば、見た目は普通の壁にすることもできるんです。炎を主役にしたいときには、おすすめです。

 

関連記事

家のパーツ

2016.06.20

鉄の手摺と鍛鉄の手摺

鉄の手摺はすっきりとした印象、鍛鉄(ロートアイアン)の手摺は味わい深い印象...

家のパーツ

2017.11.25

フローリング選び(木の種類)

ナラやカバなど広葉樹、パインや桧など針葉樹、それぞれの特徴をご紹介します。...

家のパーツ

2016.09.05

クローゼットの扉を土佐和紙に

アレルギー体質の夫に合わせて、クローゼットの扉を土佐和紙張りにしています。...