階段の脇にある本棚に、手摺板を1枚ずつ留めました。手摺板は水平なので、体重をしっかりと支えてくれます。

 

petkaidan

体重を預けやすい水平な手摺

階段の手摺は斜めの棒状のものが一般的ですが、一段ずつ水平な手摺を取り付けることもあります。足腰を痛めてゆっくり上り下りする際に、手摺を握る力がなくても体重を預けやすいのが特徴です。

 

本棚に溶け込むデザイン

階段の脇にある本棚に、手摺板を1枚ずつ水平に留めてみました。手摺板は柔らかく温かい針葉樹。本棚に手摺が溶け込むデザインなので、色とりどりな本を並べても、すっきりとしています。

 

使い心地とデザイン、どちらも大切にしてゆきたいですネ。

 

 

関連記事

家のパーツ

2016.08.10

キッチンを便利に楽しく

シンクの前に毎日使うものが並んでいると、とても便利。いろいろ吊るしてインテ...

家のパーツ

2016.06.20

鉄の手摺と鍛鉄の手摺

鉄の手摺はすっきりとした印象、鍛鉄(ロートアイアン)の手摺は味わい深い印象...

家のパーツ

2016.06.05

物干し金物をDIY

室内用と屋外用の物干し金物を手作りしてみました。材料費は安いけれど力持ち。...