木造住宅の耐震診断と改修を行うには、講習を受ける必要があります。丸2日、みっちりと講習を受けてきました。

 

kousyuusyuuryousyou

最適な改修をするには丁寧な調査を

100年以上前から近年まで、それぞれの時代に様々な工法や仕上げでつくられた家。基礎のかたち、木造部分の工法、間取りによっても、最適な改修方法が異なります。

 

正しい診断と最適な改修方法を計画するには、調査がとても大切。壁を剥してみないとわからない部分も多いですが、できるだけ床下や天井裏から既存の状況を把握したいところです。

 

新築の場合も既存の改修の場合も、安全で気持ちよく楽しい家になるように、建主さんと2人3脚で進めてゆきたいですね。

関連記事

建築とイベント

2016.06.10

住宅医を目指す

中古住宅のリフォームをする際に、家の隅々まで劣化の状況をチェックして、現況...

建築とイベント

2016.11.23

原木市場と製材所を訪ねました

ウッドマイルズフォーラム主催のツアーで、多摩産材の原木市場と製材所、そして...

建築とイベント

2016.08.30

家のあり方を考える展覧会

HOUSE VISION という展覧会へ行ってきました。12棟の展示ハウス...