2月に山仲間がユスラウメを植樹してくれました。4月に花が咲き、今は実が赤くなってきたところです。

 

斜面に土留めをつくる

新築祝いに、実も花も楽しめるユスラウメを植樹していただけることになりました。日向が好きな木なので、敷地の中で最も日当たりのよい斜面に植えてもらうことにしました。

 

まずは土留めづくり。愛犬ピークに見守られながら、斜面に穴を掘り、低い側には半円形に竹を打ち込み、ヤシのマットを括りつけました。

 

 

植樹祭

植樹には山仲間が6名来てくれました。畑仕事もしている2名は長靴とスコップ持参。てきぱきと指示をしてくれました。

 

植樹のあとは乾杯!そのまま宴会へとなだれ込みました。皆さん、ありがとう。

 

 

yusuraakaimi

成長を見守るのは楽しい!

仲間からの贈りものなので、日々の成長を見守るのもより楽しいです。

 

2月には幹と枝だけだったのが、4月には花が咲き、葉が茂り、小さな実がなり、本日真っ赤になった20粒ほどを初収穫。

 

明日の山登りで、植えてくれた仲間と一緒に食べてみよう!

 

関連記事

庭と自然

2016.05.17

路地の庭に園路をつくる

家の南にある路地の庭に、中古の御影石を敷きました。使い込まれた味わいがあり...

庭と自然

2016.05.23

軽やかな石の階段

斜面の庭の傾斜は20〜30度。簡単な靴でも歩けるように、階段をつくることに...

庭と自然

2017.01.13

外構(エクステリア)のデザイン

京都で出会った庭とアプロ―チのデザインを少しご紹介します。 アプ...