OZONEのコンペで住宅のプランを提案してきました。建て主さん、コンサルタントさん、他社の皆さん、濃い時間をありがとうございます。そしてお疲れさまでした!

 

案を考えるのはとても楽しい!

OZONE経由で3社コンペの依頼をいただき、今日3社同席でプランの提案をしてきました。ご要望をいただいてから案を考え続け、描いたスケッチは50枚超!寝起きにスケッチ、食事中もスケッチ、お風呂上がりに髪を乾かしながらスケッチ(笑)。

 

最善と思う案が出来上がると、嬉しくてガッツポーズ。でも翌朝冷静に案をチェックすると、他の可能性はないかと、また考え始めてしまいます。建て主さんにとって、何を優先するのが最も幸せだろうか?あれこれとイメージを膨らませるのは、とても楽しい!設計の仕事に携われて幸せだな~と思います。

 

プレゼンテーションの大切さを感じました

コンペ当日は、他の2社の案も拝見できます。同じ敷地に、同じ建て主さんのご要望をお聞きしてつくっているのに、全く違う案が出来上がってくるのが面白いです。

 

違う案になる理由の1つは、ご要望の優先順位をどのように感じ取ったか。私が優先したのは、キッチンで朝日を浴びられること、冬も朝から夕方までLDKに日が差すこと、風通しがよいこと、洗濯が便利なこと、箱型のシンプルなデザイン、等々。そして+αでおすすめしたのが、2階にいる家族の気配を感じられること、庭の自然を生活に取り込むこと、そして住むことに楽しさを感じられること!他社さんの案では、周囲から覗かれないことをより優先していると感じました。なるほど~。

 

心残りは、プレゼンテーションの準備が不足していたこと。案の検討に時間をかけすぎて、ビジュアルに伝える資料が足りなかったと反省。折角時間をさいていただいたのに、見ごたえがなかったと思います。他社さんは動画やシュミレーションも行っていて、とても参考になりました。機会があったら、細部まで見られる大きな模型を作りたいな。

 

関連記事

設計の過程

2017.06.26

工務店の見積書をチェック

工務店の見積書は50ページを超える厚さ!建主さんへお渡しする前に、内容をチ...

設計の過程

2017.02.21

ショールーム巡り

建主さんと、水廻りのメーカーのショールームを巡りました。見るのは楽しいけれ...

設計の過程

2016.11.15

構造事務所との打ち合わせ

基本設計中の家の安全性を確かめるために、構造の専門家と打ち合わせを行いまし...