木の建築賞の2次選考会で会津へ行ってきました。たくさんの刺激をいただいた3日間でした。

 

dai12kaikinokentikusyou

木の建築について考える

NPO木の建築フォラムが主催している「木の建築賞」の実行委員を12年続けています。2次選考会は、応募作品を通して、木の建築について議論をする場となっています。

 

小さな住宅、大規模な施設、新築のほか移築や保存活動、震災復興の街づくり、材木の流通のことなど、話題はつきません。意匠・構造・構法・防火・温熱・材料・林業など、各専門の選考委員のお話を、会場でも宴席でも(笑)間近で聞けるのも魅力です。

 

aidunokura

蔵三昧でした!

応募作品の中には、魅力的な蔵の移築と蔵の改修がありました。翌日の見学会でも、地震で崩れてしまった蔵が再生されて、美術館やホールとして活用されている様子を拝見できました。会津の街を歩いても、田園風景の中をバスで走っても、立派な蔵がたくさん目に飛び込んできます。

 

写真は、軒裏の意匠が印象的だった蔵。朱色の扉にはっとさせられました。木の建築っていいな〜。

 

関連記事

建築とイベント

2018.05.27

つながるくらしの場

東京でつながるくらしの場というシンポジウムに参加してきました。 &nbs...

建築とイベント

2016.10.20

応急危険度判定員

講習を受けて、東京都のボランティア登録をしました。 応急危険度判...

建築とイベント

2017.12.21

甲子園会館と竹中大工道具館

木の建築賞の3次選考に合わせて、名建築を見てきました。   ...