京都で出会った庭とアプロ―チのデザインを少しご紹介します。

 

hosinonoapurochi

アプローチのデザイン

両親の喜寿祝いに星のや京都に泊まりました。100年以上前の建物群と、その間を繋ぐ長谷川浩己さんデザインの庭やアプローチ。嵐山の風景と相まって、風情がありました。

 

フロントのある建物から、外のアプローチを歩いて、各部屋の玄関へ。部屋ごとにアプローチのデザインが異なるので、1つ1つ眺めながら歩くのが楽しい!

 

hosinonoisinoniwa

苔と鉄と瓦の庭

アプローチの途中にある「奥の庭」。瓦の断面が川面を描くように並んでいます。上面を磨かれた石、苔、そして錆色の鉄。全体を眺めても近寄って眺めても素敵。紅葉が空を覆っていました。

 

朝のんびりお散歩をしていたら、庭師の方々が苔の上の落ち葉を丁寧に掃いていました。この素敵な風景を、守ってくれているんですね。

 

関連記事

庭と自然

2016.04.25

斜面の庭を原っぱに③~ハナダイコンをアクセントに~

斜面の庭のグランドカバーとして、ヒメイワダレソウを植えることにしました。庭...

庭と自然

2016.05.20

ユスラウメの初収穫

2月に山仲間がユスラウメを植樹してくれました。4月に花が咲き、今は実が赤く...

庭と自然

2020.01.31

ほっと一息

日々の忙しさに追われて、半年以上更新を怠ってしまいました。大切に設計・監理...