鉄筋コンクリートの基礎を作る前に、基礎の形に地面を掘ってしっかり締め固めます。

 

地面を締め固める

基礎の形に地面を掘る「根切」の後は、地面に砕石を敷いて機械で締め固める「砕石転圧」を行います。

 

設計監理者は、基礎の位置や深さが合っているか、丁寧に転圧をかけているか、などをチェックします。

 

写真は1本足の機械を、狭い基礎幅の通路で自在に操っているところ。さすが!です。

 

 

takasanokakunin

高さの確認

基礎下の高さが正しいか、細かくセンサーで確認しているところ。

 

昔は、糸を張って高さの確認をしていたそうです。新しい道具で、速やかに高い精度を保てるようになったんですね。

 

negiriutiawase

休憩中も打ち合わせ

盛夏の外仕事は大変です。特に基礎工事の最中は日除けがないので、しっかり休憩して水分補給。

 

そんな休憩中も、鳶さんと監督さんは図面を見つめながら打ち合わせ。あれ、私も写真を撮っている場合ではないですね。

関連記事

工事監理の過程

2017.07.18

解体工事は丁寧に

解体工事では、振動や騒音・埃など、近隣の方々にご迷惑をかけがち。丁寧に行う...

工事監理の過程

2017.08.29

基礎の配筋検査

現場監理の中でも特に重要な検査。コンクリートを打つ前に、基礎の鉄筋が設計通...

工事監理の過程

2017.07.03

地鎮祭と挨拶回り

週末に地鎮祭が執り行われました。工事の安全とご家族の繁栄を祈願しました。&...