断熱気密性能が高ければ、家全体をエアコン1台で冷暖房できるし、エアコンの風も弱くて快適です。

 

冷暖房のサイズを計算する

断熱性能をあらわすUA値と併せて、冷暖房に必要なエネルギーもあらかじめ計算できます。断熱気密性が高い現代の家は、家中をエアコン1台で冷暖房できることが多いんです。

隅々まで冷暖房するには

床下エアコンや全館空調など、家中に冷暖房した空気を送るためにダクトや床下・壁内などを使う方法もあるけれど、空気の通り道を掃除できない不安が残ります。

写真の家は2階の天井に付けたエアコン1台で、家中の冷暖房をしています。2階の4個室はドアを開閉して温度調節。2つの吹き抜けをつくり、ひとつながりの空間にすることで、家の中の温度ムラをなくしているんです。

 

関連記事

設計の過程

2016.10.15

設計監理の契約

明日、建て主様と設計監理の契約を結びます。そこで、契約書について簡単にご紹...

設計の過程

2020.02.16

こんな暮らし方をしたい

建て主さんとの打ち合わせでは、どんな暮らしをイメージされているのかを、共有...

設計の過程

2016.09.24

コンペに参加してきました

OZONEのコンペで住宅のプランを提案してきました。建て主さん、コンサルタ...