実施設計では、A2サイズで20枚位の図面を描きます。細部についてのご相談と決定も、この時期に行っています。

 

jissisyousaizu

実施設計図の縮尺は1:50から1:1まで

平面・立面・断面と、仕様や仕上げなどの基本的なことが決まると、基本設計終了。実施設計図を描き始めます。

 

実施設計図は、全般に1:50の縮尺で描きますが、キッチンや洗面台など造作家具は1:20、窓際や屋根まわりほか繊細なデザインが必要な個所は1:1に近い縮尺で描きます。

 

建主さんの好みやライフスタイルに合う棚の高さは?窓枠の太さは?と、あちこちを物差で測りながら検討しています。

 

kamimakikito

パーツも実施設計時にご相談

内装や外装は基本設計時にご相談していますが、照明器具や水栓、タオル掛けや物干金物、造作家具やドアのハンドルなど細かなパーツは、実施設計時にご相談しています。

 

建主さんにより好みは様々。今までに、同じデザインのハンドルが選ばれたことは一度もないのです!内装とパーツ、パーツどうしの相性は、写真を並べて建主さんと一緒に検討。パーツ選びを通して、建主さんの好みをより深く知ることもできるんです。

 

実施設計図を描き終わったらホッと一息。次は工務店による見積もりです。

 

関連記事

設計の過程

2017.06.26

工務店の見積書をチェック

工務店の見積書は50ページを超える厚さ!建主さんへお渡しする前に、内容をチ...

設計の過程

2016.11.10

工事会社の選定①~会社訪問~

建て主さんと、2つの建設会社を訪問して、工事中の現場を見せていただきました...

設計の過程

2016.09.24

コンペに参加してきました

OZONEのコンペで住宅のプランを提案してきました。建て主さん、コンサルタ...