工務店の見積書は50ページを超える厚さ!建主さんへお渡しする前に、内容をチェックします。

 

mitumorisyosanpuru

見積書のチェック

実施設計図を工務店にお渡ししてから2〜3週間後に、見積書が届きます。見積書は、木工事、塗装工事、電気工事など、20前後の工種別になっています。

 

厚みは工務店によって様々ですが、50ページを超えることも多いです。例えば木工事の内訳は、柱や梁の種類とサイズと単価×本数=〇〇円、床の種類と単価×㎡数=〇〇円など材料代の詳細や大工手間など、300項目位。

 

それぞれの単価が適正か、種類や数量が合っているか、項目に見落としや重複がないか、などをチェック。目が乾きます(笑)。チェックを終えたら、建主さんにお渡しして内容をご説明します。

 

関連記事

設計の過程

2016.10.15

設計監理の契約

明日、建て主様と設計監理の契約を結びます。そこで、契約書について簡単にご紹...

設計の過程

2020.02.16

こんな暮らし方をしたい

建て主さんとの打ち合わせでは、どんな暮らしをイメージされているのかを、共有...

設計の過程

2020.03.08

エアコン1台でも快適

断熱気密性能が高ければ、家全体をエアコン1台で冷暖房できるし、エアコンの風...