住宅設計の仲間たちと見学してきました。とにかく楽しい!

 

山のかたちの芝屋根

アプローチから見た、ラコリーナ近江八幡。お菓子メーカーのショップや社屋などの複合施設です。

 

周囲の山の景色にとけこむように、屋根も連山のような形になっています。季節によって屋根の色が変わるなんて、楽しいですよね。てっぺんの松の木に、思わず笑みがこぼれます。

 

田んぼの風景

メインショップの建物を抜けると、田んぼの風景が広がります。田植え前の季節でしたが、独特の香りと、しっとりとした水面に惹かれます。

 

田んぼでザリガニの巣穴に指をつっこんで誘いだしたことや、おたまじゃくしの腹の渦巻き柄が怖かったことが、瞬時に思い出されました。

 

記憶を喚起する場をつくるって、すごいな。

 

謎の集落

事務所棟から見おろすと、複雑な屋根の様子がよくわかります。懐かしいけれど見たことが無い、不思議な風景です。

 

粗っぽい仕上げが魅力に

大きな屋根の下は回廊になっています。左官塗りの壁は、社員さんが仕上げたそうです。素人による粗っぽく不揃いな仕上がりが、建物によく似合っています。

 

やぼったくならないのは、本物の素材の強さと、造形の上手さと、ディテールへのこだわりのせいかな。

 

静謐なトイレ

トイレ棟の外壁は真っ黒な焼杉。木枠のガラス扉をあけて中に入ると、優しい色合いの左官の空間が広がります。

 

ご紹介しきれないけれど、洗面台も、トイレの個室も、木・石・左官・金属・陶器で構成されています。

 

賑わいの空間と、静謐なトイレ。統一された世界観の中でも見事な使い分けをされていて、素晴らしい!

 

家具も建物に合わせて

家具も建物の素材感に負けていません。机の縁と椅子の背には皮をあしらい、椅子の座面も薄く、見た目だけでなく使い勝手も行き届いています。

 

向かいの席の人との視線は、植物で遮るという心遣い。楽しくて居心地の良い、素晴らしいところでした!

関連記事

建築とイベント

2016.10.31

瀬戸内国際芸術祭

素晴らしい建築とアートに出会えて、たくさんの刺激をもらいました! ...

建築とイベント

2016.06.10

住宅医を目指す

中古住宅のリフォームをする際に、家の隅々まで劣化の状況をチェックして、現況...

建築とイベント

2016.10.10

木の建築賞の選考会で会津に

木の建築賞の2次選考会で会津へ行ってきました。たくさんの刺激をいただいた3...